フランス語検定2級のための語彙増強~時を表す表現について

triumph

フランス語検定2級と3級で大きく違うところ

 

それは語彙に関する知識といってもいいのではないでしょうか?

3級は辞書の1番目にのっている意味が分かれば大丈夫です。

2級は辞書を引いてみて、4番目、5番目、その用法、用例までを含んでいます。

なので、フランス語検定2級を受ける人はぜひ、2級用の語彙集などを徹底的にやるといいかもしれません。

試験のための勉強でなく、日ごろからフランス語文に接して、フランス語の語彙を身に着けること。

それが結局は一番の近道かもしれません。

 

時を表す表現 Saison

 

 

今日は、フランス語の語彙のなかから時を表す表現について復習をしていきたいと思います。

今日もテキストは、完全予想仏検2級「筆記問題編」から復習をしていきます。

時を表すフランス語の最初は Saison 

 

 

saison 意味は 季節。 

saison を使った表現を見ていきましょう。

 

quatre saisons 四季

 

一年には4つの季節がある。 

Il y a quatre saisons dans une année.

marchand de quatre saisons  季節の野菜

belle saison 美しい時節

mouvaise saison いやな季節

saison des pluies 雨季

en toute saison 一年中  四季を通じて

basse saison シーズンオフ

saison de fleurs 開花期

fruits de saison 旬の果物

saison des cerises サクランボの実る時期

saison des amours 盛りのつく時期  発情期

aller faire une saison à Vichy ヴィシーに湯治に行く

mes jeunes saisons  私の青春時代

être de saison   食べごろである、旬である

Votre proposition n'est vraiment pas de saison.

faire la saison  観光シーズンに観光客相手に商売する

saisonnier  形容詞   ある季節だけの 

travail saisonnier 季節労働者

maladies saisonnières  季節病

variations saisonnières  季節労働者 

 

 

 

Quelle est ta saison préférée ? どんな季節が好きですか?

Le printemps est la saison que j'aime le mieux. 春が私の一番すきな季節です。

 

Saison を使った歌『Quatre Saisoon 』

 

ここまでまじめに saison について単語ばかりを見たので、頭をリフレッシュさせます。

歌で発音をチェックしたいとおもいます。

Tribal King Quatre saison

 

 

時を表現する単語 週 semaine について

 

 

次に semaine 女性名詞   意味は 週です。

週という単語はよく使いますが、そういう単語は沢山の表現があることが多く。

早速 「週」にまつわる表現を見ていきたいと思います。

 

 

dans une semaine 一週間後に

toutes le deux semaines  一週間おきに

jours de semaine  就労週日

être de semaine    週番に当たっている

à la petite semaine 先の見通しなしで、その場しのぎの

à la semaine  週単位で

en semaine   平日に

pendnat la semaine  平日に

faire la semaine anglaise 土曜の午後と日曜は休む 、週5日働く

le semaine des quatre jeudis 決して~しない

 

 

 

外国語の達人に学ぶ語彙増強の方法とは?

 

第二次世界大戦のころに、ベルギーに住む女性がロシア語の学習をはじめました

古本屋でみつけたロシア語の辞典をいつも肌身はなさず、爆撃、空襲があって

防空壕で避難している間も、ロシア語の辞典を読んだりしていた

(『私の外国語学習法』)

 

 

という内容のことを以前読んだことがあるのですが、

まず、辞書なんて読むものだろうか?という疑問がそのときはすごくわきました。

 

 

でも、最近はなんとなく彼女が辞書をいつも肌身はなさず 読みふけったという

感覚が少しだけわかるような気がします。

 

ちょっとだけ知っている表現にもっとほかの表現方法があったと知った時、

自分のそのちょっと知っている知識に付け足したくてたまらなくなるという

変な欲求が起こってしまうのです。

 

ちょっと、中毒気味なんですね。

 

ここまでくると、もうフランス語学習する時間がないとか、

フランス語学習するの忘れるとかいう感じではなく。

 

気がついたらなにかしらフランス語を触っている。

そう、骨董品が大好きなおじさんが、自分が目利きをして購入した壺を布できれいに

磨くという快感に近いと思います。

 

 

変態、、、、?

 

仏検をこれから受ける方への合格へのプレゼントがあります。

 

フランス語検定を受ける方にぴったしなプレゼント
があります。

 *仏検合格の体験記 (合格への道

 *効率良くフランス語を学習する方法

 *ネイティブフレーズ集

しかも! 聞き取りの練習ができてしまう

  5分間の美しいパリの映像
  
  フランス人にパリの秘密をガイドしてもらいます。

   完全対訳の日本語訳もついています。

   映像にも字幕がついているのでフランス語の

   聞き取りをしながらストーリーがわかります。

 これだけあれば仏検への合格が近くなること

 間違いなしです。(全部無料です)
  
  ↓↓↓

仏検合格にピッタリのプレゼントを受け取る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る