フランス語の長く見える文章をさくっと解き明かす一つの単語とは?

2016y01m06d_160620445

フランス人も同じ言葉をいちいち繰り返すのはめんどくさい

今日はフランス語の一見長くみえる文章をさくっと先生に解説してもらった
ことを復習しようと思います。

 

今回取り上げる文章はリールの街を観光案内しているアガットさんが

話している言葉です。

 

もともとの文章は会話の中でされた場所を説明する文章です。
話される言葉が本当にスクリプトに起こされた文章と同じかどうか
ときどき本当かな?と思うことがあります。

人の口から語られるフランス語の音と文章になって音が消えたフランス語では
どう考えても全く雰囲気が違うんです。

2016y01m06d_160625591

フランス北部の街Lilleの街をぶらっと歩きながら

今日もアガットさんとリールの街をふらっとあるきました。

カメラがアガットさんのお顔のそばから彼女を映しているので一緒に歩いているような
感覚でアガットさんの声に耳を傾けます。

On va arriver sur la place de la République qui est une place où

il y a un grand musée d’art et aussi la préfecture de Lille qui sont,
les bâtiments, qui ont étaient créé il ya a un petit moment et donc

qui sont trés anciens et très beaux à voir.

『不思議の国のFrance la porte d’entrée du Nord Partie-2 』より

これはリールの街をフランス人女性のアガットさんがフランス語で案内してくれいる場面の一文です。
一見みると、長い文なのでどこで区切ったらいいかちょっと戸惑います。

 

フランス語の文章を読解~一見長い文章を区切るポイントqui

そんなときはquiの部分で区切るととてもすっきりと文章を理解することができるんですよ。
毎回映像にはスクリプト(フランス語で何と言っているのかかいてあるフランス語文)が

ついてきて、そのフランス語のポイントとなるところを先生が解説をしてくれます。
今回の『不思議の国のフランス』には長い文章を読むときに着目するとよいポイントが
解説されていましたので、それを復習しようと思います。
注目するポイントは qui

此処にでてくる関係代名詞の qui  ですが何かをつないでいる働きをしています。

 例文)  J’ai vu la femme qui l’aime

J’ai vu la femme. 私はその女性にあった。
Cette femme l’aime . その女性は彼を好きだ。

『不思議の国のFrance la porte d’entrée du Nord Partie-2 』
そうやって、 qui をみますと確かに、なにかをつないでいるように見えてきました。
いったい何個  qui が使われているでしょうか。
一つ目の qui は la Place de la République  レピュブリック広場

2つ目の qui  はun grand musée d’art et la préfecture 大きな美術館と県庁

のことをいっています。

 

 

 

qui というのはどうも直前にでてくる 場所の名前を qui で短く示しているようです。

便利なそんざいですね、長ーい場所の名前、 La place de la République をいちいちくりかえ

さなくてもいいのですから。

でも今回のように2つの場所が出てくる場合は、一番近くの 場所の名前という風に

ごちゃごちゃにならないように qui が何を示しているのか把握しながら

読み進めてみたいと思いました。

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

ブロガー羽田雪とは?
3カ坊主の女王がフランス語に夢中になった秘密とは?
挫折しないフランス語学習法メルマガ~『此処にフランス語』
質問やお問い合わせはこちらからお願いします。

ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る