ハッキングされた、けどフランス語で「何とかなる?」と聞いてみる~ALEX

Verbes pronominaux-Arranger の再帰代名詞がでてきた

 

今日は、ブログが乗っ取られたという場面をFDS動画でみました。

朝みたところで う?と思ったところをちょびっとだけ復習します。

やはり一度やったところを、記憶がまだ新しいうちになぞるというのは、ことわざにもあるように「杭は熱いうちに打て」ではないですが、良いと思います。

 

 

今日の場面です。~

Alexさんのお気に入りのバーでバーテンダーさんがブログがハッキングされたという話をしています。

それで、アレックスさんは 「まああ、そんなことが!」「それで 大丈夫なの?」

とバーテンダーさんに聞いています。

この場面をフランス語で読んでみます。

 

 

ALEX: Bah!  dis donc,,,, ça va? Ça va s’arranger ?

Ça va s’arranger quand même ?

 

ぜひ使ってみたい  Ça va s’arranger ?

自分に動作がかえるような動詞を代名動詞といいます。verbe pronominal

こういう s’のつく部分を を pronom réfléchi 再帰代名詞といいます。

 

 

arranger  という単語は英語っぽくてとても意味が取りやすいですね。

主ないみは ---を整えるということです。

s’arranger 上手くいく

すべてうまくいく Tout s’arranger

 

Ça va s’arranger 何とかなるよ

 

これを疑問の形にすると 何とかなるかな? と尋ねる雰囲気がでるんですね。

フランス語も毎日続けることが最高の秘訣です。

そうすれば Ça va s’arranger !

****
終りに昨年の冬のはじめフランス語を始めたばかりのときは
「アナと雪の女王」がとても流行っていました。

主題歌のLET IT GO も各国バージョンで歌われて

フランス語できいてみたり、松たか子さんの日本語バージョンできいてみたり

していました。意味も分からずただただフランス語の音を楽しんでいたときから

考えると聞き取りができ、拾える意味も多くなったことが実感できます。

高校生のときのようながりがりとした勉強ではなかったですが、

ライフスタイルに合わせながら楽しむこと、そしてアウトプットを心がけて

きたからかもしれません、全然進歩していないという状況ではなくなりました。

まだまだ会話をしようと思っても自然な表現が口をついてでてくるようには

なりませんが、今年の目標は口から音をだし、耳から音を聞いてりかいして

 またそれに反応した言葉が出るという回路を是非作っていきたいと

思っています。

3日坊主の女王でしたが、卒業できたようです。

大人のフランス語を学ぶとこんな変化が起きました。
↧↧↧

フランス語一年の変化はこんなふう!!!

羽田雪の体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る