amazonにフランス語の本を出版したいから~みんなで活動中

Amazonに出版するようの本を翻訳しています。

フランス語の先生をしているGABBY先生

オリジナルテキストを翻訳中です。

私の担当している文章は;

文章5  Cela peut symboliser aussi la réflexion du passé dans le présent.

『Edyta sur le pont de Gdynia』

文章 1.  J’ai pris cette photo pendant ma traversée de la Pologne en été 2012.

文章 2 Gdynia est une ville tout au nord de la Pologne,

en traversant ce passage au dessus de la voie ferrée,

j’ai remarqué sur les cotés qu’il y avait des panneaux explicatifs d’un évènement historique.

文章3 Mon amie Edyta m’a expliqué qu’ici était le lieu d’une grande tragédie durant la Seconde Guerre mondial.

文章4 La pluie avait laissé une grande flaque d’eau sur toute la largeur du passage,

j’ai donc pris cette photo de manière à créer une symétrie entre le pont et son reflet dans l’eau.

文章5  Cela peut symboliser aussi la réflexion du passé dans le présent.

文章6  J’ai pris cette photo juste avant le coucher du soleil dont les dernier rayons traversent le pond de part en part et éclaire le visage d’Edyta.

文章7  C’est aussi ce qui donne ces couleurs chaudes à la photo.

文章 8Le pond ressemble à un tunnel et Edyta marche vers la sortie, qui représente le retour au présent et à la réalité.

COPYRIGHT @ Gabrielle (FACEBOOK PAGE https://www.facebook.com/gabi.froggies.chanel/)

私はFDSの土曜日の授業の進行役をやっているのですが、その時に
とても人気のあったテキストです、このままFDS(フランスダイレクトスクール)の
中だけでつかうのももったいので、これを出版したいと有志の方が集まって
少しずつ翻訳をやっています。

私は実は本が好きでたまらなく、翻訳業というのに憧れていたこともあります、
自分の会社を作ったときにも、会社の内容の中に翻訳業とか盛り込んでいたので
もしうまくいったら出版業とかできないかしらと思っています。

でもまずはマネジャとしてガンバることになったので、ガブリエルさんの
デビューを盛り上げたいと思っているわけです。

で、ガブリエルさんとプロのフォトアーティストの野口さんというかたの
いろいろお話をきけるお茶会なるものをはじめました、
とても少人数の会なので人見知りのお方もぜひ、
↧↧↧
京都でのんびりお茶会

いろんな活動が始動ちゅうのフランスダイレクトスクールに入って
あなたも自分のやりたいことを仲間と初めてみませんか?

最近はアーティスト系の人がおすすめです。
↧↧↧

フランス語のコースはただいま2週間無料です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る