美しいフランス語の発音のための音声学2~前歯が全部見える音とは?

ID-10033750

 

 

 

 

今日も発音の練習をしました。

 

 

 

練習といってもとても少しなのですが、

知っていると

知っていないでは違うということを感じはじめています。

 

 

 

 

例えば、フランス語の (e)の形を

口で作ってくださいっていわれてすぐにできますか?

 

わたしはとっさに、日本語のひらがなの え の

発音をしてみましたが、動画にでてくる美しいフランス人の

先生のような口の形とはかけはなれていました。

 

 

日本語の 「え」のかたちは それほど口を

よこにせずに ちょっとだけ口をゆるくひらいて

「え」というと思います。
フランス語の(e) の形は 前歯が全部みえるぐらい

口を横にひいて、えといいます。

 

 

このとき、歯が黄ばんでいるとみっともないのですが、

真っ白い歯だととても美しいです。
実際に文章を話すときには、毎回毎回それほど

歯を全部みせるぐらい唇をひかないのですが、
フランス語の (e) とは基本的にこういう

口の形ででてくるものだよと
知っているのと知らないのでは大分違うのでは

ないでしょうか。
今回も、短い文章で (e)が使われたものが

よみあげられました。

 

 

エラ アン ベベ
ときこえました。
ella un bébé .
おかしいですよね、彼女 といってそこにいるのに、

まだ話にでてきていない、un 男性の不定冠詞?
un?
フランス語でその音を書きますと、
Il a un bébé.

でした。

 

 

つづきます。

 

 

前回のお話はこちらです。

↧↧↧

流暢なフランス語へ~『美しい発音のための音声学1』

 

 

 

 

 

“Baby With Finger In Mouth Looking Up” by photostock

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る