フランス語脳にモチベーションを上げる必要がない~仏検2級対策

仏検の学習をしていてふとおもったのですが、フランス語の問題をといているのが非常に自然なことなのです。
ああ、勉強をしなければいけないとか、なんかいやっても覚えられないとかいうフランス語から私を引き離そうというマイナスの要素が消えてなくなっている感覚です。

フランス語脳になるとこんなふうになります。体験談より

かっぱえびせん食べてごろごろがフランス語脳

これはいってみるならば、フランス語をまえにしている自分の状態がフローであるということなのでは?とおもいました。

ちょうど、高校生のときに大好きだったRくんをモデルに美術室で彼を描いている時のような、幸せな、夢中な時間がすごせているのです。

フローの状態にはいると、それはもうモチベーションをあげるとかそいういうことではなくなっていて、ちょうどよい場所にいるからなににも邪魔されずに進んでいる状態。

ホバークラフト?地面にくっついて摩擦がなくなってすーっと進む状況みたいです。

フローの状態についてはまた「フランス語学習が挫折しないメルマガ」にかいていますので

登録してみてください。↓↓↓

フランス語学習が挫折しない秘密メルマガ

で、きょうのフランス語検定2級問題です。

ボキャブラリー増強がいいですね。

穴の中にフランス語をいれてみましょう。

「君をもう信用しない、君は全然約束を守らない」

Je n'ai plus ( ) en toi, tu ne tiens jamais parole.

「マリーは秘密をまもれない、彼女には決しなにもいわないでください」

Marie ne sait pas ( ) un secret , ne lui dites jamais rien !

うえのふたつに入る単語はなんでしょうか。

ここもフランス語のふつふつ辞典をつかって確認してみたいとおもいます。

 

 

confiance : sentiment de sécurité d'une personne à l'égard de quelqu'un ou de quelque chose.

 

例文:

J'ai une confiance totale en cet ami.

Vous pouvez acheter cet appareil en toute confiance = sans crainte pour son bon conctionnenement.

 

 

Garder **この単語をみたときは英語のガードみたいだとおもいましたが、やっぱり英語と意味もにていますね。

多言語習得法こちらのレッスンで先生も話していましたが、英語とフランス語は一緒に学んでいると相乗効果でTOEICの点数が

かなりあがることや、フランス語の学習のスピードアップにもなるそうです。脱線したのでもどります。

Garder : quelqu'un un animal, les surveiller ,pour le protéger ou pour les empêcher de s'é
chapper .

 

例文

Garder un malade, un enfant.

Il est gardé par un policier en civil.

Conserver pour soi ou sur soi,

Il ne sait pas garder son argent.

 

 

 

今日は単語にまつわるYoutube動画ではなくて、ディクテの

素材にもできそうなフランス語の音声をみてみてください。これはガブリエルさんという

フランス人アーティストが自分の作品をテーマにしてかいた小さなお話です。

 

 

 

ガブリエルさんはフランス語の先生のかたわら、アーティストとしても活動中です。

フランス語の学習に便利な音声などをこちらのチャンねるで見ることができるので、

登録してみてください。ガブリエルチャンネル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る