現代社会の社会構造なんて私が考えてわかるのか?~この世を生き延びる新しい方法とは?

今の社会構造ってどうなっているとおもいますか?

社会構造を考えるということは、

今をいきている人間がどんな問題を抱えているとを解決するいうことにもつながるとおおもいます。

今の社会構造は資本主義によってなりたっています。でもその資本主義がどんなふうに

絡まって今の生活があるのか、、、そんなこと真剣に考えたことありませんでした。

今の生活を反映するものとしてニュースがありますが、私はニュースがきらいです。目をそむけたくなるから。

ニュースというのは、悪いお知らせを伝えることのほうがおおおいですが、私にも子供がいるので

目に付くニュースというのはやはり子供関連のニュースだったりします。12歳の男の子が

地下鉄に飛び込んで命をたったと朝からみてやるせない気持ちでいっぱいです。

親に心配をかけたくなくて、冗談冗談っていいながら家をでたそうですけど。

子供だって親に気をつかっているんですね、自分の子供がこのお子さんをどれほど違うか

わかりませんけど、きっと親に気を使っていると思います。

そのニュースのこととは直接関係ないのですが、今の社会構造というものがどいういう

性質の世界なのかもしかしたらわかるかもしれない、とりあえず今生活している私からみえる

いまの資本主義社会というものを考えるきっかけになるだろう、読書会というのに参加しています。

『資本論』読書会です。

150年ぐらい昔の本らしいですとても難しくて経済学を学ぶ学生でも難解でなげだした

と日本語でかいてある資本論の前書きなどを読むとかいてありました。

読書会ですので、もちろん私一人で読んでいるわけではありません、読書会を主催している方は

ちょっと前の記事でかいた、京都のプライベートツアーに一緒にいった男性です。

どの方のことかわかりますか?→京都のプライベートツアー

**フランス語学習が挫折しないメルマガというのを私は書いているのですが、
もし興味がありましたら、その男性の写真をメルマガに今度のせますので
無料なので登録してみてください、毎週土曜日配信のメルマガです、

↧↧
謎の男性を発表します。土曜日に次の配信です

子の読書会は、本当の読書とはという本質を見つめた読書会になっていて、巷でいう速読術

なんて目じゃない読書をしています。

個人個人が読みを文字で起こして、それを解説していくという、現代の最新技術のスカイプとか動画と本という

昔ながらの人間の英知が発表される場であったものとコラボして、経済学なんて学んだことないけど

たしかに、経済のなかに生きているんんげんである私とかが参加して、読んだらどういった

ふうに読んだのかということを人前で発表!!!していくのです。

もちろんほかの人がどう読んだかということも解かります。

で、今読んでいるのがこのパートです。

As use-values, commodities are, above all, of different qualities, but as exchange-values they are merely different quantities, and consequently do not contain an atom of use-value.

If then we leave aout of consideration the use-value of commodities, they have only one common porperty left, that of being products of labour.
But even the product of lavour itself has undergone a change in our hands. If we make abstraction from its -value, we make abstraction at the same time from material elemtents and shapes that make the product a use-value;
we see in it no longer a table, a house, y arn, or any other useful things.もっとあります。とりあえずここまで。

どうでしょうか、単語としてはとても簡単でそれほど難解ではありません。でも読んでいくと途中でこんがらがるので

こんな風に図を書きながら読むとでもなんとか頭が整理されてきます。

capitalnote

 

読書会を主催している先生の「ココケン」

も毎日の御伴におすすめ中

このぼりゅーみーなコンテンツにのけぞること

間違いなし。

↧↧↧

ココケン

 

ココケンをお勧めしたい人

ビジネスをしないでこの世を生き抜くことはできない

働くこと=ビジネス

会社で働くこともパートで働くことも自分の体と時間を使ってするビジネス。
でもビジネスにもいろいろな形態がある。

起業という形で自分が自分の活動に責任をもって、自分のスタイルで働くこと。

就業という形で自分の役割を果たすという形で、企業の中で働くこと。
でも、企業という会社という大きな形になればなるほどそこにはひずみができる。

大学を卒業してそれぞれ就職する中、まず直面するのは、学生という自由な身分から

会社社会という閉塞した空間へとの移行する間に生まれるずれ。

それはストレスという形で現れる、私には4人の友達がいたけれど
恐ろしいことに、そのうち3人が子宮に腫瘍ができるという大病をわずらった。

それだけではない、私の妹も就業という形で毎日ストレスに耐え続け
10年間という闘病生活をすることになった。

たまたまだよって笑う方もいるかもしれない。
でもこの体が病気になる。

体が病気になるとき、そこに大きくかかわってくるのは会社という形ではなく
そこに働く人間関係が問題のことが多い。

今の人はコミュニケーションをとるのが苦手だから、
そうかもしれない。

でも会社という空間に生まれているずれ、ストレス、微妙な人間関係
そこに合わないという人もいてもいいじゃないですか。

これだけ時代がかわったのだから働くという形が変わってもいいはずなのに

あまり変わらないのも面白いこと。
会社を辞めたい人、会社を辞めて自分の仕事を作り出したい人

そういう人がするべきことはまず会社を続けながらも、自分のビジネスの準備をはじめること。

どんなビジネスを立ち上げていいかわからなかったらそういう人が

ゴロゴロいるところへ足を運んでみること。

そんな場所がどこにあるのかわからない場合は、

そんなひとたちが読んでいるというメルマガを読んでみたりすること。

会社を辞める方法はそれから考えてもおそくない。

 

***************************************

 

フランス語を使って、なにかビジネスを始めたい人など実践的なフランス語を求めている人には
こちらのフランスダイレクトスクールの無料メルマガでその生のフランス語を試してみてください。
↧↧↧
フランスダイレクトの体験談はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る