フランス語学習の悩みにフランス人の先生に答えてもらいました~予習に時間がかかりすぎる

フランス語会話の質問回

 

今日は、参加しているフランス語初級会話講座の最後の質問会という授業に参加しました。

ものすごくたくさんの質問が寄せられていて、なかなか時間内には答えられないというのが正直なところなのです。

でも、少しだけ先生たちにも延長してもらって、すべての質問に答えきりました。

 

予習に時間がかかってこまります

 

その中にこんな質問がありました、「予習にとても時間がかかってこまります」

私は、この授業の進行係役なのですが、この質問をみたときに、きっとこの人はフランス語上達する人なんだろうなとおもいました。

時間目いっぱいまで予習をして授業に臨んでいるのだそうです。

「予習にとても時間がかかってこまっています」という質問に対してまず D先生に答えてもらいました。

 

 

日本語も堪能なフランス人の先生の回答

 

先生は、まず例文を暗記するんだそうです。そうするとわからない単語とか文型というのがずんずんと減っていって、解かるスピードが上がるというのです。

私の先生でもあるガブリエル先生は超スピードで日本語が話せるようになった人なのですが、彼女の場合はテレビなどをみたり、日本人の友達と話したりすることで日本語力をアップさせるといっていました。

まずD先生はまじめて、あまり話さないタイプの人です。

そしてガブリエルさんは、とても話すのが好きなタイプの旅行が大好きな女性です。

 

その人にはその人にあった学習方法がきっとある

 

日本人は完璧主義の人が多いんだなというのも、この方の質問を聞いておもいましたが、私はぐっと自分の学習法を話すのはやめました。

私は予習にはパソコンを駆使してやっています、オンライン辞書や、Google翻訳を使うとその場で発音もチェックできるので、どうやって発音するんだろうという悩みがかなり減ります。

でも、ガブリエル先生は8年もスペイン語を学んだり、英語も話せるし、日本語だって話せます。

私も、スペイン語とか、ロシア語とか、アラビア語を学習した経験があるので、できるだけ語学はアウトプットを増やせば話せるようになるし、

読んだり書いたりすることに時間をかければその分野が得意になるということが体験的に分ります。

もしかしたら予習に時間がかかっている方はまだ自分の学習スタイルを模索中ということなのではないでしょうか。

 

外国語取得の基本とは?

 

言語取得にはやはりコツというのがあるので、言語研究者の井上さんの無料メルマガで言語学習についての音声をいくつか聞いてみるときっと、自分にたりなかった語学学習の視点というのが分かると思います。私も自分にたりない学習部分がこの音声をきいていくつか発見することができました。

 

外国語学習になにか息詰まっている方。

とても興味深いお話が沢山配信されています。
↧↧↧
外国語学習のたった一つの間違いとは?

 

 

 

 

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る