30代の食事に取り入れたいのは抗酸化~簡単スムージー

smo

フランス語スクールの番外編の

↧↧↧

(私のおすすめのフランス語スクールはこちら 人生の変わるフランス語講座

ローフードのプチ講座なるものを先日きいて、ローフードってなんだろうと興味がわきました。

スローフードの一種?ぐらいにしか思っていませんでした。

フランス語でローフードってなんていうと思いますか?

刺身のことを:ポワソン クリュ といいますよね、 poisson cru

フランス語でローフードは:Le crudivorisme

ローフードは文字通り ロー(生)raw のものを食べます。

 

 

ローフードについて高速のフランス語できいてみよ

 

フランス語でローフードについて話しているビデオありました。

 

 

 

 

 

ローフードって菜食主義?

 

肉とかも生で食べるのかなとおもったら、お肉はローフードには入らないそうです。

ただ生だったらええねん。というわけではなさそうです。

生っぽいお豆腐だったらローフード?とおもったらそれも火を通したものなので、

ローフードではないとか。

案外とややこしいです。

 

 

 

実践者の声

 

 

参加者がローフードのスペシャリストの方に、 「普段のお食事はすべてローフードなのですか?」

というのに対して 「そうですね、6割ほどがローフードですよ、そのほかは割と普通に食べてます」

といっていました。

ローフードは火を通していないので、食物の持つ酵素なんかがとれてとても体が活性化

されるんだそうです。

体が活性化されると免疫力があがってだるかった体なども、元気になるんですって。

へーなるほどと思っても、生で食べるといったらサラダぐらいしか思い浮かびません。

お手軽なローフードとしては、スムージーなどがあげられるそうです。

 

 

 

超初心者のローフード

 

 

そういえば、そろそろ4時起き(ときどき5時起き)習慣も1か月目にはいりました。

「朝4時起きですべてがうまく回りだす」

の本のところにもレシピが紹介されていたので

そのレシピを元にスムージーを作ってみることにしました。

 

 

さわやかな酸味で体が目覚めるプルーンジュース 2人分

小松菜200g

プルーン 12個

水1カップ

レモン汁 大さじ1と2

プレーンヨーグルト 二分の一カップ

 

どしょっぱなですが、材料があいにく足りません

プルーンの代わりに バナナ一本

出来たスムージーはこんな感じです。

smo

 

低速ジューサーとは?

 

ローフードのスペシャリストの方にきいたら、スムージーというのは

低速ジューサーで作るのよと教えてもらいました。

一体、低速ジューサーとはなんなんでしょう。

そういえば愛読しているブログの筆者さんも朝ごはんは

スムージーみたいな青いものをお飲みになっていました。

できる人たちというのはみんな、朝ごはんはジュース?

ローフードのスペシャリストの方はバイタミックスというミキサーを

使っていると教えてくれました。

早速とおもって検索しましたが、立派なお値段でした。

毎日続けるのであれば、購入してもいいかもしれませんが、

私のようにまだ2日目とかいう人は、、、、

普通のミキサーでとりあえずジュース飲んどきましょ。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る