フランス語の基礎文法(仏検2級)sur~天井にハエが止まっています

フランス語の基礎文法

 

前置詞 Sur

 

Sur : シュル

    英語でいうところの ON OVER sur  は上に、上の方にの意味があります。 平面にくっついている状態も SUR をつかいます。 ハエが壁にくっついているときも sur をつかいます。  

 

前置詞 Sur を使った例文

 

  天井にハエがくっついているときも sur は使います。

 

『Il y a une mouche sur le plafond 』    

 

 

前置詞 sur をイメージする

 

Sur は何かにくっついてという状態をあらわすので、

それを支えにして、とかそれを根拠にして という意味にもつかわれます。

 

 

 

 

 

 

もうちょっとSURを使った例文を見てみる

 

    この機械は電池で動きます  Cet ordinateur fonctionne sur batteries.    

くっつく状態というのがsur という言葉は好きなようで、

ボタンを押す。というときにも surは登場します。    

 

プロパティーのところをクリックする  Cliquez sur Propriétés

 

ボタンを押す。 appuyer sur u bouton  

 

 

名詞 sur 名詞 という形で、何度も同じことがおこる

様子を表すことができます。  

 

  様子を表すSURの用法

 

 coup sur coup 矢継ぎ早に

recevoir visite sur visite 訪問客がひっきりなしに、、

 

     

Sur はやっぱりずっとくっついている状態をあらわす

こんな表現もあります 

~かかわっている

Il est sur ce travail depuis un mois. 彼はひと月前からこの仕事にかかりきっている (一か月ずーっとこの仕事にかかわっている)

 

Je resterai sur place toute la journée. 私は一日中その場所からはなれません (ずーっとその場所にかかわっている) くっついている状態ですね。      

 

くっついている状態を表すときには、〇○を身に着けているとか、 〇○を持っているという状態をあらわすときにも使います。

 

くっついている場所のほうが大きくて、くっついているモノは小さいという イメージもあります。

 

例えば、ハエが天井にくっついている場合、天井の面はハエよりもかなりおおきく、 ハエはぷちょっとついているかんじですよね。

一日中そこにいるばあいも、その場所はひろくって、そこにいる人のほうが小さいです。

 

ボタンを押すという表現も、ぽちっと小さくくっつく。

 

お金を持っているという表現は、体にお金がくっついている状態なので、 sur がぴったりなのかもしれません。

 

avoir de l'argent sur soi  お金の持ち合わせがある。      

sur soi 自分の背後で、

そんな題名のYoutubeがありましたので、ヒアリングしてみます。  

 

    

 

こんな記事もよく読まれています。

 

↧↧↧

 

新しい先生はフランス語ソムリエだった  

 

 

picture by “Halloween Decor Pumpkin Cookies” by Serge Bertasius Photography

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る