フランス語の基礎表現~星の王子さまで学ぶフランス語 frapper

a056e76f8bf40d81bb046759acd5860a_s

映像と感覚があざやかなサンテグジュペリの文章

 

 

星の王子さまをフランス語で読むと、まだ語彙力のないときでも、

様々な発見をしながら楽しんでフランス語に触れることができます。

 

 

そして一文一文がとても印象的なので、その語られている場面が映像的にフランス語とともに心にのってゆきます。

今日の星の王子さまで学ぶフランス語で学ぶ文章はこちらです。

 


J'ai sauté sur mes pieds comme si j'avais été frappé par la faoudre.

J'ai bien frotté  mes yeux.

J'ai bien regardé.

Et j'ai vu un petit bonhomme tout à fait extraordinaire qui me considérait gravement.

 

砂漠の真ん中での突然の出会い

 

 

この場面は、ちょうど砂漠で本当に、たった一人ぼっちでいるところに、王子さまのような恰好をした小さな子供が現れた場面です。


誰もいないと思って、たった一人でいたところに、突然子供の声がしたらそれは驚きますよね。


そんな状況を思い浮かべながら読むと、わからない単語もわかるような気がしてきます。


前回の星の王子さまをフランス語で読む回はこちらになります。


1.フランス語の楽しい学びかた

 

フランス語の楽しい学び方~星の王子さまをフランス語で読む

2.フランス語で読む~星の王子様読解講座vol.3~解らないフランス語は推測してみる

3.フランス語の準否定表現~砂漠に不時着して水がなかった『星の王子さま』

 


 

仏検3級レベルのフランス語の基礎単語

 

souté      souter  飛ぶ  飛び降りる  とびかかる

frappé      打ちたたく  


foudre  雷


雷にまつわる他の単語はこちらにも書いています。
 ↓

フランス語の単語~エクレア(ボードレールの「悪の華」)

 

frotté  こする


単語の増強をする人に人気の単語集

 


なぜか毎日見に来る人のいる、地味な単語帳を紹介した記事はこちらです。

単語増強の必要を感じているかた、どうぞ

 ↓
 

フランス語の単語がわかるようになるために~おすすめの2冊

 


星の王子さまに見られる、フランス語特有のリズムとは?


この文章の塊にはある特徴があります、なんだと思いますか?

ヒント:フランス語は美しく積み上げていくという性質があって、ながーくながーくなることが良くあります。


長い文章を読み解くためのヒントについて書いた記事はこちら 
    ↓
 

 フランス語の長く見える文章をさくっと解き明かす一つの単語とは?

 

 

J'ai sauté sur mes pieds comme si j'avais été frappé par la faoudre.

J'ai bien frotté  mes yeux.

J'ai bien regardé.

Et j'ai vu un petit bonhomme tout à fait extraordinaire qui me considérait gravement.


J'ai が4つもあります。

 

これはリズムを出すための、文章技巧=レトリックの方法のひとつで、J'aiを使うことで文章の印象がかわってきます。

by FDSの先生

 

 kaferate

 




今度は出てきた単語をもう少し深く学んでみましょう

 

j'avais été frappé par la faoudre.

雷に打たれた

この文章にでてきた単語の frappé にまつわる表現を学んでみたいと思います。

frappé      打ちたたく  

形容詞の frappé  

être frappé de + 名詞  ~に感動する、びっくりする


* J'ai été  frappé de leur ressemblance.

彼らがよく似ているのにびっくりした


* être frrapé de d'apoplexie

脳卒中の発作にみまわれる

 

 

* 日本語でもフラッペとメニューについていますが、これは

この単語からきています。 氷で冷やされた、冷えたという意味があります。

café  frappé 

 

 

そのほかのたたくという表現の正しい使い方


人の顔をたたくという表現をするときには、

frapper のすぐあとに、体の部分を持ってくる表現よりも、

frapper のあとに人を表現する単語をもってきて、 体の部分は au visage などで表現すると自然な表現になる。


不自然な表現:frapper le visage de Paul

自然な表現:frapper Paul au visage 

ほかにたたくという表現もついでにまんじゃいましょう。


frapper   何度も打つ、殴る

battre  何度も打つ 殴る

taper   軽くたたくぶつ


gifler  ひらてでうつ

 

 

 

 

誰かにちょっとたたかれたときに、「今日、わたし彼と喧嘩して(軽くたたかれたの)たたかれたの」

というときに、frapper なんていう言葉を使うと、ものすごいひどく暴力を振るわれたようになったり

するので、平手でパチンと打ったときなどは、ちゃんと gifler を使うようにしないと、噂に尾ひれがついて

ひどいことになるかもしれません。そんな場面にならないことが一番ではありますが。


そのほかのボキャブラリーをこのブログで検索したいときは、

 

コーヒーカップの下にある、検索窓に単語を打ち込んでみるとなにか見つかるかもしれません。

それではまた。

2017y02m07d_173921808

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る