仏検3級のための超基本フランス語熟語~音声での確認は忘れずに

2016y11m08d_222641865

こんにちは、フランス語学習ナビゲーターの羽田雪です。

 

フランス語を学びはじめて、自分はいったい上達しているのかどうか、気になることはありませんか?
そんなとき、目安となってくれるのは、フランス語の試験として定評のある仏検になります。
初級が長いこと続いていると思われるかたは、ぜひ仏検3級の問題集などをといてみて、
自分の実力がどのへんなのか測ってみるのよいかもしれません。

 


仏検3級のレベルとは?

引用元 APEF  より http://apefdapf.org/dapf/info/examens

 

程度:

フランス語の文構成についての基本的な学習を一通り終了し、簡単な日常表現を理解し、
読み、聞き、話し、書くことができる。

標準学習時間:

200時間以上(大学で、第一外国語としての授業なら1年間、第二外国語として週2回の授業なら
2年間の学習に相当。一部高校生も対象となる。)

 


仏検3級を受けるときに用意するとスピードがアップするもの。

 

文法を一通り網羅した定評のある文法書

<画像をクリックするとアマゾンのサイトへいきます>

 

こちらがおすすめの理由は、問題がたくさんついているので、学んだ文法項目を問題を解くことで定着させることができます。

独学でフランス語を学ぼうと考えている方も一冊もっているとても便利です。

これが一冊あればほかに文法書はいらないでしょう。

 

 

本はもうたくさん買ったから、本をかうのはもう、、という方はオンラインで文法が網羅されているサイトを使うといいと思います。

無料のフランス語文法講座が網羅されていて便利です。

北鎌フランス講座
http://class.kitakama-france.com/

 

 

単語などの確認が素早くできる、電子辞書

 

 

<画像をクリックするとアマゾンのサイトへ行きます>


紙の辞書が一冊あればいらないと、意地を張って買わない人はおそらく、調べることで時間をかなりロスをしていると思われます。

私はフランス語が趣味なので、紙の辞書をパタパタとするだけでとても幸せなので、時間のロスとかあまり気にしていないので、紙の辞書とパソコンで調べて特に苦はありません。

ですが、近い将来的にフランス語を速習して、仕事として使いたいという方にはおすすめです。

 


フランス語に堪能な方にもっている辞書を尋ねますと、まず「プチロワイヤル」一冊しか持っていないということはありません。

最低でも4つぐらいのいろいろな辞書をもって、フランス語の例文や用例をよりたくさん確かめてフランス語についての理解を深めています。

そう思うと、4つのいろいろなフランス語辞書をそろえるのと、電子辞書を一冊もっていることはコストパフォーマンス的にそうかわらないということになります。

 

 

仏検対策の問題集1冊

<画像をクリックするとアマゾンのサイトへ行きます>

CD付きというのがポイントだとおもいます。

どんな問題集でもよいので、できれば書店まで足を延ばして、パラパラと開いてみて「これならいいかな?」と思えるものを見つけて購入してください。

 

 

単語集1冊

<画像をクリックするとアマゾンのサイトへ行きます>


例文をゆっくりと、ふつうのスピードと2種類の速さで読み上げてくれるとても親切な単語集です。

 

 


対策用の問題集は何冊も買うよりかは、一冊を何度もできないところをつぶす感じでやるのが良いと思います。

新しい問題集を買うとなんだか、フランス語の知識もUPするような錯覚がありますけど、それは幻想です。

最短で集中すること、そして反復する。

 


独学で学びたい方へ、 いままで独学でなにか一つの言語をマスターしたかたは、きっともうすでに独自の学習方法、自分にあった型というのがわかっているので、独学で学んでも大丈夫だとおもいます。でも、いままで独学で外国語を学ぼうとして挫折した方には、もう独学をお勧めいたしません。

 

教室へ通うには時間的に無理がある、そういう人には自宅でしっかりとしたカリキュラム、フランス語のメソッドを持つ通信講座をお勧めします。

語学で挫折した経験がここで私はなくなりました。おすすめしています。
↓↓

 


仏検対策の基本重要フランス語の熟語です。

 


d'ailleurs   意味;そのうえ

ailleurs:発音 アイユール (アイレウールではない、そう読みたくなるけど)


ailleurs を使った例文:


Si tu ne trouves pas tes lunettes ici, va chercher ailleurs.

眼鏡がここで見つからないなら、ほかを探しなさい


ailleursを使ったほかの用法:

 

ailleurs que + à :~以外の場所で

 

J'aimerais vivre ailleurs qu'à TOKYO.

私は東京以外の場所で暮らしたい

 

avoir la tête ailleurs

うわのそらである

 

 

会話をつなぐときの ailleurs 


Ils m'ont dit tout ce qu'ils voulaient ; je m'en moque d'ailleurs.

彼らは、さんざん好き勝手なことを言いましたよ、もっとも私は気にとめてはいませんがね。

 

Votre échec vient  d'ailleurs

あなたの失敗の原因はほかにある


そのほかのailleursを使った用法


そもそも、そのうえ


Pierre , ferme la télé   Tu l'as assez regardée, d'ailleurs il est l'heure de te coucher.

ピエールテレビを消しなさい、もう十分見たんだし、それにもう寝る時間だよ。

 


en tout cas  ともかく


cas : この単語をみると、キャ と読みたくなりますが、日本語の「か」を少し退屈そうに発音したのが

cas になります。

意味:場合、ケース、事例


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Qb-e5Jrhzyc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 


cas を使ったほかの用例:


cas type : 典型的なケース

cas social :社会庇護の対象となるケース

 


cas を使った例文:

C'est un cas de vie ou de mort

生きるか死ぬかの緊急の事態だ

 au cas par cas :ケース バイ ケース

 

c'est le cas :~についてそのことが当てはまる


Il y a de pays insulaires ,C'est le cas du Japon.

島になっている国があります。日本がそうです

 

 

Merci en tout cas.

どっちにしてもありがとう


相手の好意や言葉が実際に役に立たなかったときや、求める情報を相手が知らなかったときでも、

相手の好意に対して一応お礼をいうとき。

 


œ この文字は、キーボードをフランス語モードにしてから、右ctl+Eの文字ででてきます。

フランス語には複合母音字 voyelles composées 二つ以上の母音字が組み合わさって一つの音を出すものをいいます。

œu:ウ と読みます。

 

par cœur :暗記して

cœur :意味 心

 

cœur を使用したほかの例文

à cœur : 食べ物の芯まで

fromage fait à cœur :真ん中まで熟成した

aller au cœur à qn :言葉などが~の心を打つ

avec  cœur :熱心、身を入れて

Il travaille avec cœur.

熱心に働く


avoir bon cœur :心がやさしい、思いやりがある


À votre bon cœur :「寄付などを求めて」どうか温かいお気持ちを

cœur à cœur   : 文学的な言葉で、 胸襟を開いて

sur le cœur :食べ物が、イにもたれて、感情が胸にわだかまって

 

 

au dehors :外側に

de dehors : 外側からの

en dehors :~のほかに

 

dehors の 発音の方法


En dehors


En deors de cela, je n'ai plus rien à dire.

それ以外にはもういうことはありません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る