フランス語の単語~エクレア(ボードレールの「悪の華」)

-shared-img-thumb-KAZ7842_DSCF3259_TP_V

<<フランス語はワイン>


あなたはワインが好きな方ですか?

それともタバコが好きな方ですか?

 


私はアルコールはからっきしだめですし、

タバコは吸ってみたいと思ってみたこともありません。

 


でも、たぶんこのひっそりと書いているような

ブログを通りすぎる人ならフランス語は好きな

人だろうなと想像します。

 


ワインが好きな人はきっと、ワインをグラスの中で

そっと揺らしてみるとき、気持ちや感覚がどう変化

するのか味わっているのかも

 

タバコを吸う時もきっと、吐き出すときの香と

吐き出した息を見送りながら意識を日常から切り離す

かんじなのだろうかと。


フランス語にも同じような効能があります

 


わざと

思考を飛ばすための

寄り道するための小道具としてのフランス語。

 


<聞いたことはあるけど読んだこのないボードレールの詩>

 

今日はボードレールの「悪の華」

A une passante

 

の第三段落目のとこから


(第二段落目の話はどこ?と思われるかもしれませんが、

第3段落目がおわったら、2段落目にいきます。)

 


一段落の話はこちら


 


第三段落目


Un éclair… puis la nuit !-Fujitive beauté

Dont le regard m'a fait soudainement renaître,

Ne te verrai-je plus que dans l'éternité ?

 

<ボードレールの「悪の華」の単語>

 

エクレア、、

3段落目の最初に エクレアがありました。

 éclair

 

でも、お菓子のエクレアが突然この詩の

中に登場するわけではないのは、わかりました。


通りすがりの女へという題名で、

耳をつんざくようなうるさい通りを

一人の女が豪華な様子の喪服をきて、

通り過ぎる場面で

 

突然お菓子のエクレアが出てくるわけは

ないのですが、

 


< フランス語の単語の意味: éclair >


 éclair :意味です


稲妻、稲光

 

 éclairの例文です。

 

Il y a des éclairs . 稲光がする

  éclair de chaleur 夏の、雷鳴のきこえてこない遠い光


 Ses yeux lancent des éclairs. 怒りなどで 彼(女)の目がランランと光る


Un éclair de malice passa dan ses yeux. 彼の目にいたずらっぽい光が走った。

 

エクレア お菓子の名前

 

それにしてもどうして、エクレア=稲妻 があの

シュー皮にクリームが挟んであって、上にチョコレートでコーティングが

されているお菓子がエクレアという名前になったのでしょうか。

「惡の華」の文章の内容にいきたいのですが、

どうでもよい脱線をします。

 


< 稲妻という単語がお菓子の名前になった理由>


*焼いたシュー皮の表面にできるでこぼこが稲妻の光のように見えるから

*シュー皮の表面に塗る、卵白と砂糖の液(アイシング)などがキラキラと光って稲妻のようにみえるから

*中身がとびだしたり、シュー皮の上に塗ったチョコレートなどが解けないうちに稲妻のごとくすばやく食べるという意味から

 

この本ほしいな~

と思わず思ってしまいました。

 

フランスのお菓子の名前の由来とかが載ってます。

でもお菓子の名前を知るだけじゃなくて、

気が付いたらお菓子を買いに出かけてそうです。

 

写真が美味しそう。

本当にやばいです。

お菓子の写真が、、、、すばらしい。

 


<詩の中の 稲妻の意味するところ>

 


Un éclair… puis la nuit !-Fujitive beauté

Dont le regard m'a fait soudainement renaître,

Ne te verrai-je plus que dans l'éternité ?

 


稲妻、、そして暗闇 消えゆく美しい女よ

お前の視線で突如として生き返ったわたしが

次にお前にまみえるのは、来世なのだろうか。


(味読講座のS先生の解説より~)

 


あんまり、きれいな人が通ったので、

稲妻に打たれたような衝撃を

受けたのですね。

 

おそらく女性のほうも自分の美しさを

十分に理解していて、相手を見たのです。

 

味読講座の解説では、

例えば漫画で一目ぼれなどをしたときに

ショックを受ける場面がありますね、

あんな感じをボードレールは表現

しているのです

 

とのことですが。

漫画で表現されるのと、

フランス語の詩で表現されるのと

おなじようなことを表現しても

現れてくるイメージが

だいぶ違うなとショックをうけました。

 

それにしても、

通りすがりの女を

目に留める、


そしてその女が自分を

見ている人を瞳で受け止める


受け止められたことを

感じて、相手は雷に打たれる

ような衝撃を覚える、、、、、

 

 

本当にほんの一瞬の

できごとですけど、

視線が持つ威力というのを

考えずにはおれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る