フランスの生活とは?34歳で転機が訪れた~フランスで活躍する女性の話

ワインのこと詳しくないけど、

私にも話が分かるかな~と思ったけど

びっくりワインにまつわる面白い話がてんこ盛りでした

手元に印象に残ったことっをメモするという

癖があるので、白い紙と鉛筆をにぎりながら

耳を傾けました。

フランスにいって自分の活動の幅を思いっ切り広げている。

そんな印象を今回のインタビューからはうけました。

そして、フランスで活躍したいなら、若くないといけないのでは

とどこかしら思いこんでいたそんな常識も吹っ飛びました。

パリライフコレクションという場所では、

パリで活躍する日本人の方やフランス人の方を

招いてインタビューをします。

ワイン業界の風雲児?

数々の武勇伝?

びっくり仰天エピソードには事欠かないある女性が

今回は登場しました。

Pecon Tomokoさんというかたです。

肩書は。。。。

職業は。。。。

そんな一般的なものには収まりきらないPecon Tomokoさんの

活動の幅をインタビューでは本当にさらり、と語っていましたが。

30分ほどの濃厚なインタビューをまずは11分のあたりで

止めなくてはいけませんでした。

どんなお話が飛び出すか聞き逃すまいと、メモ用紙をA4を

おいて聞いていたのですが、すでにメモ用紙がみなれない単語と、

印象的なエピソードを箇条書きにしたもので埋め尽くされてしまいました。

インタビュー開始11分でこの濃厚さ。

本当にただものではないと感じました。

私はフランスのワイン業界とかかわりのあるものではないのですが、

ワイン通の方だったら「ポン」っと手を打つような

知る人ぞ知る方なのです。

例えば、フェミナリーズ世界ワインコンクールに参加されていたり、

ごく一部のVIPの方をワイナリーに案内する極秘ツアーの

アレンジをされていたり。

ほかにも Association Franco-Japonaise de Dijon.

を立ち上げたりと!!

ここでも私は、こんなにフランスで活躍されているんだから、

わかかりしころからさぞフランス語を学ばれて、と思ったら。

ここも見事に私のもっている一般的な考え方を覆されました。

35歳からのフランス語。

しかもフランス語のレベルはほんとうに赤ちゃんレベル

と語っておられましたが、本当に信じられません。

フランスで活躍=すごいフランス語能力

このじょうしきがほんとうに木っ端みじんになりました。

フランスで活躍される日本人の方というのは、

日本では収まりきらないエネルギーの持ち主であり、

日本の常識に退屈さを感じるダイナミックさを持ち、

周りにいる人々を驚嘆させる行動力の持ち主である。

そんなことをインタビューの出だし11分のところで

音声をとめて考えてしまいました。

別にエネルギッシュだからって声がおおきいとか、

そういうのではなくって、

一つ有なれば言葉の端々のユーモアがある。

思わず聞き入ってしまう、話上手なというか

おそらく生き方そのものが魅力的だからおのずと

そんなふうに話もなるのだというところなのだと

思います。

日本でも本当にファンの多いワインの世界の話を

フランスで活躍する日本女性の存在から

全く新しい角度で聞くのはほんとうにおもしろいです。

Pecon Tomokoさんの

ご友人でもあるAI Morimotoさん

主催のパリライフコレクションが

楽しめるのは、、

 FDSの無料体験からだけ
 (ワイン通の方はお見逃しなく)

  ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る