フランス旅行おすすめ~パリのブーローニュにある陶磁器美術館とおすすめの仏仏辞書

<絵画ばかりでない美術館もあります~陶器美術館>

 

アニメーターや美術を仕事にしている人は

やはり美術や工芸品に興味があるのではないでしょうか?


私は高校生の時のお気に入りスポットは

美術館でしたので久しぶりにその空間の

感覚を思い出しました。


今回のフランス語の舞台は、

パリのブーローニュの近くに位置する

通称セーブル美術館です。


正式な名称は:Musée de Céramique といいます。

 

 

<豪華なお屋敷が美術館>

 

 

美術館の建物はとても豪華なお屋敷です。2016y07m09d_115955233

 

 

美術館の建物だけではなくて、セーブル陶器製造所と

かがくっついている複合施設だということです。

なのでこの立派なお屋敷美術館は

その一部ということになります。

 


お屋敷の中にはどんな作品があるかといいますと。

 

 

<セーブルの青ってどんな青?>


セーブル美術館といわれるだけあって、

セーブルの青と呼ばれる

このセーブル陶器製作所独特の

色があります。


最初、映像を眺めていて、

この陶器の淡いブルーなのかなと

おもったりしましたが、


セーブルの青は金色に良く映える

ものすごく深い、濃い青です。


ちょうど良く分かるのがこの

陶器の青です。

 

 

2016y07m12d_220356187

 

 

 

<面白い陶器~手作りのお野菜>

 

この美術館には世界中から集められた

陶器があるのですが、

 

 

特に、キャベツとアスパラガスの

形をした陶器が面白かったです。

ちょうど、アスパラガスとキャベツの

写真をアップしたインスタグラムのアカウントがあるので

紹介します。

インスタグラム~アスパラガス

 

 

 


このキャベツとアスパラガスの陶器は

もう絶対に使うという目的ではないですね。


これは装飾用の陶器です。

 

 

<こんな陶器がお家にあったらびっくりする>


その他にもとても大きな陶器が

あったのですが、おかれている

場所によっては


結構気持ちが悪いだろうと

思えるような王様が立体的な

お皿になって?さらにロウソクをさすための

穴があいているというのがありました。

2016y07m09d_120937227

 

<製作所や工場を表す3つのフランス語>

 

今回は陶器製作所の

お話だったのですが、製作所を意味する

単語がフランス語ではざっとみて3つあります。

どんな単語があるか思い浮かびますか?


une manufacture

手作業で作る意味合いがある

 

une usine

原材料をエネルギーに変換する

 

une atelier

製造所、工場、職人芸術の作業場所

ハンバーガーショップの入り口に

Atelierってかいてありました。

 

 

 

それぞれの単語を辞書で引いてみるときに、

仏仏辞書をつかってみると、

もっと具体的に意味がわかると

思います。

先生はおそらくお手持ちの仏仏辞典を

引いたとおもうのですが、

私の手元にあったのは、

ラルース仏仏辞典(なんかよくわかりませんけど、


仏検2級の問題集をかったら、そこに

むちゃくちゃおすすめみたいに書いてあったけど

そんなに面白くない辞書でした)

おすすめの仏仏辞書はこちら

 ↓↓↓

 

ラルース仏仏辞典を

購入したのはいいですが、

長い説明が読みたいのに

すごく短い説明ばかりで

消化不良を起こしましたので

あまりお勧めしません。


小さくて、持ち運びは便利です。

↓↓↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る