フランス語に恋をしてしまった~人生を豊かにするには恋をたくさんする

2016y03m07d_170925873

 

 

フランス語ブログをみて恋をした

 

エジプトに住んでいたとき、周りには出かけられる場所もなく

日本語さえあやふやになりそうな環境でした。

そんなときに、日本語を読むことがとても楽しいことだと

思ったのがブログを読むということでした。

 

 

bagdad

 

砂漠でであったフランス語の世界

 
2年前にいつも読みたくなるフランス語のブログに出会いました。

フランス語のブログを書いていたのは、人ではなくとある、動物でした。

性別さえわかりません。

しかし、かなり男前な姿勢でブログを運営しているのです。

 

 

 

96f372130e1358f98072d26c42bb6118_s


夢中になったブログの特徴は?

 

後になって、どうしてその時自分がそのブログにのめり込んでしまったのかがわかりました。

 

 

 
フランス語の学習を継続している。


ちゃんとフランス語能力が向上している。


フランス語学習のために時間をかけている。


フランス語学習のためにちゃんとお金をかけている。

 

 

2016y11m08d_222606441

フランス語にかける熱

 
ブログに一貫して通っている姿勢はすがすがしいものがありました。

 

そのブログを例えてみるならば、

 
たまたま朝早くパリの観光で小さな聖堂があって、気になって中に

はいってみたら、窓からの一筋の光を浴びながら一心に祈りをささげている

人がいた。

 

 
声をかけるような野暮なことはしたくありませんでした。

でもどうしても気になって、その祈りを捧げている人がいったい

どんな人かすごくきになって後をつけていったら。

 

 

 

 
そんなかんじでしょうか、どうしてもその人のようになりたくて

ブログを熱心に読んでいたら、あるところに鍵があったのです。

 

2016y08m05d_181730722

 

フランス語ブログにあったメッセージ

 

カギはそのカギを使って入りたい人にはいつでもどうぞ、ってかいて

ありました。  
もしかしてそのカギを使って中にはいったらその人とお話ができるかも。
そう思って鍵を使って中にはいってみました。

 

ELL88_ashirusansuya14142028_TP_V

 

 

フランス語に興味があるなら、そこには才能が眠っている

たしかに、その人がどんな環境にあるのか知ることはできましたが、

自分の追い求めていた 『その人』に私自身がなれないということも

わかってしまいました。

 

 

 

その代り、私は私の道を探してくださいって。

私には私の道があるんだって、それからそのカギを使って

入ってみて、わかったことがたくさんありました。

 

 

扉を開けたむこうには、非日常な世界がまっていた

 

 

人生にはいろんなチャンスがありますが、やってみないとわからないこと

だらけです。
人生ではたくさん恋をすることをおすすめします。

 

私からのメッセージはこちらです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る