フランスの消防士さんはかわいい?~Pompiers

サンマルタン運河沿いをずーっとあるいていくと、今度は別の運河にたどりつきます。

ヴィレット運河です。

 

 

運河沿いにはたくさんのアートスポットがあるそうなのですが、その中の

ポワンエフェメールといういうバーがお気に入りとライサさん。

 

 

ライサさんは誰?という方はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

そのポワンエフェメールのすぐそばには消防署があって、そこにはとてもかわいらしい消防員たちがいます。

とライサさん。

 

まずここでフランスの消防署ってどんなふうだろうと思いませんか?

それから消防員さんたちって?

しかもかわいいい。

 

 

ライサさんの一言をきいて謎が深まるばかりです。

 

 

この部分をフランス語で読んでみてください。

il y a la caserne des pompiers avec les prompiers qui sont très mignons,,,,donc,, on aime bien y aller.

 

 

文章にでてきた単語をさくっとみてみましょう。

caserne カゼルヌ   弊社、兵営、 だだっ広くて殺風景な兵舎のような建物(話)

pompiers ポンピエ  消防士、ポンプ係

 

このポワンエフェメールのすぐそばには消防署があるんですね。

ポワンエフェメールに公式のインスタグラムがあるからみてみてください、

とっても面白いです。

 

たくさんのパフォーマーたちの絵や、あまりみたことのないアート系のイベントが沢山ある様子が伝わってきます。

https://www.instagram.com/pointephemere/

 

コチラがポワンエフェメールの公式サイトです。http://www.pointephemere.org/

すぐに横道にそれてしまうのですが、ポワンエフェメールのある場所にある消防署をいまみようとしているんです。

 

でももうちょっとだけ、ポワンエフェメールについて、ポワンエフェメールは music venue と呼ばれる

音楽やアートのパフォーマンスが行われる場所と位置付けられています。

 

 

実際にこのポワンエフェメールの中には 4つのアートスタジオ、ダンススタジオ、リハーサル用のスタジオが

入っているんです。

 

 

なるほど~ですね、アーティストたちの催し物がよく行われるという十分な理由がありました。

さて、ポワンエフェメールの場所なのですが、住所は「200 Quai de Vallmy 75010 Paris 」

それからGoogle Map を開きます。

 

2016y06m08d_014149775

Google Mapはすごいですね、周辺の様子が立体的に写真でみれますから。

前回は パリの映画館を地図でみてみたらこんなふうでしたよ

 

 

Google map でみた様子はこんなかんじです。

確かに ポワンエフェメールの赤い↓のすぐ南側に大きな建物があって、そこには Sapeurs Pompiers Centre de secours Landon

とかいてあります。

でもまだ消防士の人がどんな格好をしているのかまではみえません。

そんなとき好奇心を満たしてくれるのは、Youtubeです。

たしかにフランスの消防車がガレージのような建物の前に並んでいるのはかわいらしかったです。

うちにも、こんなふうにミニカーを並べて遊んでいる子がいますけど。。

 

 

運河の水でしょうか、セーヌ川の水でしょうかぎりぎりのところに消防車があるんですね、

消火作業をするために水をくむにはとても便利そうです。

 

Youtubeではパリの消防士たちがどのように働くのかというルポルタージュやインタビューが

沢山ありました。

仕事的にはやはり人の命を預かる仕事なので、とても真剣な緊張感の漂う事故の現場などでした。

そんな過酷な現場とは一転かわって、仕事がえりなのか、研修中なのか、

消防士といえば男性というイメージが強い中、女性消防士の映像があったので

紹介します。

 

日本とパリの消防車の違い、意外とおもしろかったです。

サンマルタン運河を歩いてみたら、

休憩中の消防士の方がみられるかもしれません。

 

消防署もどんな風だか実際に目でみてみたいと

おもいました。

 

*******************************

普通の観光ではみのがしてしまう?

地元のパリの人に案内してもらう

パリを学ぶ講座の体験記です。

↓ ↓

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る