パリのおすすめのアートスポットを観光しながら~revenir の使い方

2016y05m27d_093712762

<パリと日本の女子>

 

パリで働く30代の女性の感性というのは、

日本で働く同じ年齢の女性と同様好奇心にあふれています。

 


日本では女子会をおいしいフレンチレストランで開いたりしますよね。

パリで働くライサさんも、友達と一緒に楽しく過ごせる場所。

 


今人気の場所などに目がないようです。

今日はそんなライサさんがお気に入りという場所を紹介します。

 

 

<パリの女子会?>

 

パリのアートスポットが集まっている10区にある「コントワージェネラル」

Le Comptoir Géméral  

 

facebookもあります。https://www.facebook.com/lecomptoirgeneral


こちらのfacebookでは、最新のコントワージェネラルでのイベントの様子などがビデオで見ることができます。

 


コントワージェネラルの入り口は少し見つけにくいのですが、中にはいってみると広々とした空間が広がっています。

 

お店の入り口が見つかりにくい様子をライサさんはこんなふうに語っています。

 

<入口の様子>

 

C'est ça en fait!  Je suis sûre, elles ont dû se dire 

<<tu nous emmenènes où comme ça ?>>


Et mois j'aime bien en fait, c'est être protégée , y a pas de devanture,

y a pas de nom en fait.


Donc en gros, on a l'impression de rentrer chez quilqu'un et puis, 


on pousse la porte, on a un grand rideau en velours et puis là -Paf !

 


まだ案内したことのない場所を、描写する。

どんな場所なのか説明するということができたらいいですよね。

 

ここでもライサさんは、いつも友達をこの場所に連れていくと

こんなふうなリアクションをするんです。


そして、自分はこのような印象をこの場所に対してもっている。


そんな感想や、状況をイキイキと表現しているとおもいました。

 

<単語のポイント>

 

それでは、このコントワージェネラルの入り口の説明から

単語をいくつか抜き出してみてみます。


protégée  : 保護された、

Etat protégé  保護国

 

devanture 女性名詞 店先、店頭、ショーウインドー

 


gros en gros おおよそ、だいたい、

Ce qu'il dit est vrai en gros.

彼の言っていることはだいたい本当だ


rentrer

帰宅する、自宅に帰る


Je suis rentré tard chez moi.

私は遅く家に帰った。

 

 

 


帰るというさまざまな表現をピックアップ!!

 

rentrer 自宅、本拠地に帰る


revenir 話してのいる場所に戻ってくること


retourner 話してのいない場所にもどること

 


会議に出席しているはずの彼がいない!

そんな状況を説明するときに

彼は会議をちょっと抜けています、

すぐに戻ってきます。


Il va revenir dans un instant. 


entrer,は使えません X    retournerは使えません  X

 

自分のいる場所に相手がもどってくる

というイメージで Revenirは覚えましょう。

 

 

*************************************

 

パリの旅を本当に楽しむためには

何があったらいいかな?

と思うのですが、やはりフランス語

があったらいいなとおもいます。

 

見ることは誰でもできるのですが、

耳からのフランス語を楽しめたら

旅もさぞかし印象深いだろうと

おもうのでうs。

 

パリに友達がいたら聞けるこんなこと!

こんなポイント!がわかる映像を

見ながら聞き取りの力を

伸ばしていきます。

あなたのフランス語にすぐにお役立ちは

 こちらから2週間の無料レッスンです。

       ↓↓↓
パリを学ぶフランス語学校

7

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る